インタビュー

広告業界でアレもしたいし、コレもしたい。それってつまりPRのことでした。

広告業界でアレもしたいし、コレもしたい。それってつまりPRのことでした。

色々な●●リーダーを歴任した学生時代

-ご自身の学生生活について教えてください。

教育学部に所属していたので、教育実習にいったり、サークルやバイトに打ち込んだり、いわゆる学生らしい生活をしていました。また、振り返ってみるとサークルの会長やバイトリーダーなど、所属するところではなんでも「長」とつく役割を担当していました。自分としては、みんなをグイグイ引っ張っていくような所謂リーダー気質でないと自覚しているのですが、当時はなぜか自然と「●●長」でしたね。

“なんでもやりたい自分”が受け入れられた瞬間

-どんなことを考え、就職活動をしていたのですか?

就職活動をはじめた頃は、「とにかく様々な業界に携わりたい」と漠然と考えていて、広告代理店を中心にエントリーし、選考に臨んでいました。


広告業界について詳しく知らないまま、面接の中で、「イベントを企画したり、世の中で話題になるようなキャンペーンを仕掛けたり、テレビに取り上げられるようなプロモーション作ったり、クリエイティブにも携わりたい」などと伝えていたら、面接官に「君の、本当にやりたいことがわからない」と言われたのです。
就職活動の厳しい現実をいきなり突きつけられたわけですが、「就職活動って、最初からやりたいこと絞らないといけないのだろうか」、「自由で大きな仕事ができるイメージのあった広告代理店って実は意外と自由度が低いのかもしれない」などと考えながら、試行錯誤を続けていました。
広告とPRの違いとは何なのかも詳しくはわからないままベクトルの新卒採用面接に臨んだのですが、面接官の方は“なんでもやりたい自分”をそのまま受け入れてくれたんです。この会社はきっと、柔軟な考え方やアイデアが受け入れられる環境なのかもしれない。その経験が決め手となり、2014年ベクトルに新卒入社しました。
入社後に気づいたのですが、就活当時の私が言っていた「やりたいこと」が、実は全てベクトルで実現できる事だったのは幸運でした。

多種多様なプロジェクトを次々と経験できる環境

-これまでのキャリアの中で、どのような仕事に取り組まれてきたのか教えてください。

担当してきたプロジェクトを羅列してみると、世界最大手の検索エンジン、世界最大手の食品メーカー、LCC、インターネット通販、世界的に有名なテーマパーク、海外の政府観光局・空港、芸能事務所、映画館/配給会社、世界最大手のソフトウェアメーカー、老舗菓子メーカー、大手通信キャリア、官公庁、大学などのPRはじめ、大手広告代理店の採用PRや最近話題の暗闇エクササイズのPR等、多種多様なPRプロジェクトを担当してきました。
少しミーハーは話をすると、Forbes誌の起業家ランキング第1位に輝いた実績のあるベンチャー経営者と毎週定例ミーティングをしていたり、映画のPRでは有名ダンスユニットのイベントを毎週開催していました。
また、自分が担当した仕事の影響力によって、クライアント企業の株価が最高値を更新したこともありました。

20代でいろんなことにチャレンジしたい、まとめ役タイプの君に

-ベクトルという会社、PRという仕事に向いているのはどんな人だと思いますか。「こんな人と一緒に働きたい!」などあれば教えてください。

若手のうちから仕事や組織を任せてもらえるチャンスがあるのがベクトルなので、学生時代からリーダー経験が豊富な人や、とにかく早く成長したい人にはピッタリの環境だと思います。私自身、入社4年目からマネージャーとして自分のチームを持つことになり、裁量権の大きさを実感しました。最近も、今の組織に適したリーダー像やマネジメントスタイルを模索するなど、試行錯誤の日々です。

新たなチャレンジを生みだし続けるために

-これからのベクトルと自分自身について、提言や目標等聞かせてください。

ベクトルは、PRコンサルティングとデジタル(テクノロジー)を軸にコンテンツの開発からデリバリーまで一貫して実行できる、市場で唯一無二の組織を目指しています。
私個人としては、政治的・社会的な課題を解決するソリューションを、コミュニケーションの観点で支援できる人になりたいと思っています。そして、できればそのソリューション開発をも自分自身で担っていきたいです。

【プロフィール】 飯島隼人 2014年新卒入社。

RECRUITMENT

いいモノを世の中に広め
人々を幸せに

ENTRY
img_top_recruitment